包茎手術後、抜糸が早いとどうなるか?

包茎手術後、抜糸が早いとどうなるか?

担当の先生が大丈夫と判断したから大丈夫と思いますが、
ちょっと心配になった点を一つ紹介します。

 

 

私が包茎手術をしてから、手術後6日後に抜糸した人の体験談を見ました。
6日は早いような気がします。私は2週間で抜糸しましたから。
傷が浅かったり、人それぞれ様子が違うのでそういうこともあるのでしょうけど。

 

 

傷跡がパックリ割れていて白い組織が見えるとか。
あと、体液が出てくると。まだ治っていないんじゃないかと私は思いました。

 

 

包茎治療に詳しい人の話によると、白い組織が見えるのは真皮層のようです。
通常よっぽど下手なデザイン不良でなければ大丈夫みたいです。

 

感染しないようにコントロールすること。
ウォッシング(しっかり洗って余分な水分を除去)すると
普通に上皮化する→治るそうなのです。

 

 

抜糸までの期間は、包茎クリニックだと2週間という所が多いです。
基本72時間経過して傷がくっついたならそれで良いそうです。

 

外科的に1週間。美容手術だと2週間くらいが相場のようです。
「正しい」数字は存在しなくて、人それぞれです。

 

傷口を心配して、長い間、糸をそのままにしておくのも、
糸の影響を受けるのでよくありません。糸のマイナス面があります。

 

傷口の糸の縫い直しは普通しません。抜糸までまた時間を要します。
デブリードといって一部切除して縫合面を整えて、再度縫うことになります。
最初より傷口のデザインが荒くなります。

 

 

最初のデザインが間違っていたのならば、別の先生にやりなおしてもらったほうがきれいになります。
そうであったとしても、再手術の適正期間は半年以上、1年後が相当とされています。
傷口が固定しないままに再度手術は体に負担をかけます。

 

 

こういうことにならないよう最初の段階で傷口の治り具合、痛みなんかも
無料カウンセリングの時に確認しておきたいですね。
私は上野クリニックでどんな手術にしていくのか、痛み、傷口について特に確認しました。

 

仮性包茎のページに進む


 
包茎治さないで問題ない? 手術して良かった事 真性包茎の恐怖 上野クリニック名古屋 費用 真性包茎手術当日