カントン包茎(広東包茎)

カントン包茎(広東包茎)

カントン包茎とは、まず、皮を剥いても亀頭が出にくい。
皮の周囲が狭いからです。

 

カントン包茎とは、窮屈ところに無理にぎゅーっと亀頭を出すと、
皮が亀頭を締め付ける症状です(包皮輪狭窄症)。

 

頭を除いた後、皮の中に亀頭をしまおうとしても
締め付けて元に戻らない場合があります。

 

 

そうなると、亀頭に血液がいかなくなります。
注意が必要です。

 

真性包茎とカントン包茎は、症状が複合していることが多いです。

 

皮を剥いて、亀頭を出してみようとすることはかまわないのですが、
手を洗ってから触ること。無理しないことが大事です。

 

 

皮の先端が拡がらず、亀頭露出が難しい場合は包茎手術をすることになります。
そこまで行くと、お風呂の時、亀頭回りが洗えません。
将来、奥さんに不潔な物を挿入することになります。

 

奥さんを病気にさせたい男性はいないはずです。

 

 

この場合は、包茎クリニック、病院の泌尿器科での診察を受けることになります。

 

カントン包茎は、真性包茎と同様、健康保険が適用される場合がほとんどです。
一般の病院ですと手術費用がかなり安い値段で手術できます。

 

包茎治療は、ゴールドマンクリニック、エストクリニック、上野クリニックなどの
皮余りを対応する専門クリニックでもできます。
その際は、健康保険は適用不可です。全額自己負担です。

 

あまり怖がっていても仕方ありません。いずれ医師の意見を聞かないといけないでしょう。
状態が分からなければ、対処の方法がありませんから。

 

>>管理人のページに進む


 
包茎治さないで問題ない? 手術して良かった事 真性包茎の恐怖 上野クリニック名古屋 費用 真性包茎手術当日